インデックス投資トラベラー

確定拠出年金&NISAをフル活用し毎月積立。40代バツイチ男の備忘録

ファイナンシャル・プランニング技能士3級試験を受けて来た件について

follow us in feedly にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

ハンチングたくまで御座います。

 

本日1月22日、日本FP協会ファイナンシャル・プランニング技能検定3級を受験して参りました。

 

会場は名古屋の名城大学。

会場へ着いて驚いたのが、受験者数の多さだ。

正確には数えてないが、この名古屋会場だけでも数百人はいた。

試験は学科と実技。

午前に学科60問60点(2時間)

お昼休みを挟んで。

午後に実技20問100点(1時間)

回答はマークシート方式で、いずれも6割取れれば合格である。

 

まずは学科試験だ。

教室の指定された席に着く。

すると隣の席に着席していた彼が軽く会釈してきた。

わたくしも会釈をしかえす。

見たところによると20代前半の好青年。

いわゆる。

ヤングボーイだ(←死語)

 

学科開始10分前。

シーンと静まり返った教室。

なんだこの緊張感は。

高鳴る鼓動。

思い返せば、試験なんてものを受けるのは20数年ぶり。

緊張を隠し切れない。

 

「それでは試験開始して下さい‼」

全員、一斉に問題用紙を開く。

 

問題にとりかかって間もなく。

重大な事に気づいてしまった。

過去問と違う。。。

 

この日の為に過去2年ほど遡って過去問に取り組んで来たのだが、いきなり当てが外れる。

頭を抱えつつ問題に取り組む。

すると周辺からなにやら物音が聞こえてきた。

 

「カタカタッ、カタカタッ」

電卓を叩く音だ。

 

私はまだ、電卓を使う問題までたどり着いていない。

みんな問題解くのが速い。。

電卓の音が響くたびに焦る俺。

 

そして。

学科試験開始して60分が経過したその時。

ヤングボーイが60問の回答を書き終え颯爽と教室を退室して行った。

 

‼‼‼‼‼‼‼!

 

なんだ。

なんなんだ。

この敗北感は。

この時、45歳のハンチングおじさんは。

 

 

 

 

 

 

 

33問目。

絶望感に打ちひしがれながらも1時間45分かけて何とか学科試験が終了。

 

お昼休み。

休憩中もみんな教科書を開き最後の追い込みをしていた。

 

午後。

実技試験(資産設計提案業務)

20問100点(1時間)

 

「それでは試験開始して下さい‼」

問題用紙を開き、問題文を読み始めその時。

 

驚いた。

隣でマークシートを鉛筆で塗りつぶしてる音が聞こえた。

ヤングボーイだ。

試験開始10秒で1問目をクリアしてるではないか。

 

俺はまだ、問題文の2行目を読んでる途中なのにだ。

再び、焦る、俺。

 

実技も学科ほどではないが過去問にはない問題が出ていた。

ジュニアNISAの問題は今回初登場ではないかと思う。

 

それでもなんとか20問解き終えた。

時間は60分ジャスト。

ギリギリである。

 

激戦の跡。

 

そして、つい先ほど帰宅。

自己採点致しました。

 

ハンチングたくまさん。

ファイナンシャルプランナー3級。

結果発表~。

 

ドルルルルルルルッ(←ドラムロール)

 

 

 

 

 

 

学科⇒50/60

実技⇒90/100

 

合格で御座います。

マークシートの解答用紙への転記ミスさえ無ければ合格。

正式な合格発表は3月になります。