インデックス投資トラベラー

確定拠出年金&NISAをフル活用し毎月積立。40代バツイチ男の備忘録

離婚経験者の私は住宅ローンはもうコリゴリ。

follow us in feedly にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

f:id:takumahantingu:20151009123632j:plain

どーもー。バツイチのハンチングたくまです。

結婚して家庭を持つと多くの方が直面する課題。

持ち家か賃貸か?

議論で焦点が当てられるのが「経済的にどちらがお得か?」だったりします。これについては一概にどちらが得とは言えないと思いますし、今回わたくしが言いたいのはそこじゃない。

今回、お伝えしたいのは精神面についてです。

私の場合、30歳で結婚後は2年間アパートに住んでました。月5万円と言う家賃は東北地方の片田舎とはいえ比較的慎ましやか。夫婦関係も良好に過ごしてました。

結婚生活2年が過ぎた頃に当時の時代背景もありましたがマイホームを買う事に気持ちが傾きます。

元嫁とも相談した結果、「私も働いて支払いを手伝う」と言ってくれた事もあり2人で協力して頑張ろうと言う事で私達が60歳の時に支払いが完了する様に27年の住宅ローンを組み夢のマイホームを購入しました。

マイホームを手に入れ初めて入居した時は何とも言えない満足感に浸りました。大きな借金を背負う事になりましたが2人で協力して行けば不安はありません。

 ●夫婦関係の悪化で一気に精神的に追い込まれる

新居に住み始めてからしばらくは平穏な生活を送ってました。しかしながら徐々に少しづつ夫婦仲が悪化して行きました。

当初は「私も働いて支払いを手伝う」と言っていた元嫁も「やっぱり働きたくない」と気持ちが変化。

この夫婦仲の悪化と「やっぱり働きたくない」と言う元嫁の変化に私自身一気に精神的に追いこまれて行きます。

2人で協力して一緒に払って行くのではなかったのか?

私、1人だけの収入で本当に払いきれるのか?

最悪離婚したらどうなってしまうのか?

長期の住宅ローンを背負った状況で夫婦仲が悪化しだすと頭の中はネガティブな事しか思い浮かびません。

夫婦仲が良かった時は「夢のマイホームを手に入れ明るい未来しか見えない」しかし一転、夫婦仲が悪化した瞬間に、眩しい未来に隠れて見えていなかった影の部分が突如現れる。

住宅ローンの金額も数千万円と言う、平凡なサラリーマンにとって莫大な金額。27年と言う気が遠くなる程の長いローンの支払いが更に不安を煽ります。

その後、正式に離婚。2300万の借金を抱え自宅売却。その時の体験記は以前記事に書いた通りです。

【自宅売却8】自宅売却の体験を最後にまとめ

夢のマイホームは離婚した途端、大きな重荷になる。それは自分が想像してたよりはるかに苦しく精神的に極限の窮地を味わうことになりました。

最後にこのブログを読んで頂いてる読者様の中にも住宅ローンを組んで自宅を購入した方も大勢いらっしゃるかと思う。

私はそういう生き方を否定するつもりは全くないと言うことを最後に付け加えておく。

バツイチ男の戯言だと思って一笑に付して頂ければ幸い。私が掴むことが出来なかった幸せな生き方を是非とも実らせて下さい。