インデックス投資トラベラー

確定拠出年金&NISAをフル活用し毎月積立。40代バツイチ男の備忘録

2016年7月積立報告。DCは100%先進国株式にしたぞー。

f:id:takumahantingu:20160722155421j:plain

ハンチングたくまです。

2016年7月の積立報告で御座います。

目標資産配分(アセットアロケーション)

先進国株式 45%

日本株式  10%

新興国株式 15%

日本債券  30%

としております。

 

この比率に近づくように下記の積立を実行しました。

●NISA

たわらノーロード新興国株式

 

●企業型DC

三菱UFJ DC海外株式インデックスファンド

 

今月からの変更点。

確定拠出年金は100%先進国株式インデックスファンド(MSCI-KOKUSAI)積立する事ににした。

今までは確定拠出年金の積立は。

先進国株式=9割

日本株式=1割

の比率で積立しておりました。

 

でもね。

面倒臭くなりまして。

 

シンプルに確定拠出年金の積み立ては先進国株式100%する。

リバランスに関しては原則、特定、NISA口座内で調整。

可能な限りノーセルリバランス。

つまり新規積立で比率の下がったアセットクラスを買い増す形で調整して行く。

 

こっちの方が取り扱う上でシンプルで楽なのではないかと言う事に積立を初めて1年以上も経過した今、気づきました。w

 

と言う事で。

積立は確定拠出年金&NISA。

固定電話への通話はLINEOUT。

line.me

そこで通話代を浮かせて、そのお金は積立へ回し、みんなで賢く資産形成しよう。w

インデックス投資ナイト2016に参加したよ

皆様、こんにちは。

ハンチングたくまで御座います。

インデックス投資ナイト2016に参加させて頂きました。

今年で3回目の参加となります。

日本全国からインデックス投資家がお台場へ集合。

私も三重県と言う田舎から参加。

特に私の様に田舎に住んでると普段中々インデックス投資家さんとお会いできる機会がありません。

このイベントの素晴らしい所は、Twitterやブログで交流はあるけど会ったことが無い方に会えたり、SNSで交流の無い方とも出会えたり、オフ会とかあまりない地域に住んでる私としては嬉しいイベントです。

で。

インデックス投資ナイトの詳細ですが、他のブロガー様の素晴らしきレポが水瀬さんのブログにリンクされてるのでそちらを参照してください。w

 

今回の記事ではわたくしの印象に残った事を少しばかり述べたいと思う。

会場入りし私が座った席の隣に、30代の男性2人組の方がいらっしゃった。

36歳の方と、31歳の方。

面識は無い。

とりあえず名刺を渡し挨拶を交わす。

お話をして分かったのは、2人は同じ会社の同僚。

36歳の方は最近、インデックス投資を始められたばかり。

その影響で31歳の方も興味を持ち、これからインデックス投資を初めてみようと思い今回参加を決意したそうだ。

 

何ともフレッシュな、お2人!

私はひとつの質問をしてみた。

 

たくま>インデックス投資を始めたきっかけは何ですか?

 

36歳の方>今まで貯金しかしてなかったのですが、この貯金をもっと有効に活用出来ないかと思い、本屋で偶然手にした本がカンチュンドさんの本。それでインデックス投資を知りました。

 

こ、これは!

わたくしと全く同じではないか。

↓参考記事。

 

違いがあるとすれば、36歳の彼はカンチュンドさんの本。

わたくしは、2006年7月に手にした。

まともな事を言っていたかつての、内〇忍さん。

 

彼や私に限らず、資産運用を始めようかなと思った多くの人たちは、まずは本屋へ向かう。

知識の無い真っ白な状態で、気軽な気持ちで向かったその本屋。

その時に、どんな本を手に取るかで、案外その人の未来が大きく影響を受ける。

そんな気がした。

 

その後はお2人からインデックス投資について色々質問を受け、わたしの持ってる知識の範囲内で出来る限りお答えさせて頂いた。

カンチュンドさんの本を読んでインデックス投資ナイトに参加される、若いお2人ならきっと将来、大きな果実を手に出来るだろう。

 

話は一気に飛んで終盤。

インデックス投資ナイトの最後の、山崎元氏の書籍プレゼントコーナーがあった。

ジャンケン大会でもして決めるのかな?

そう思っていた。

だが違った。

山崎元さんが壇上に上がる。

 

山崎氏>えーそれでは、今日、北海道から来た人ー?

 

1人手が上がった。

 

どうやらジャンケンでは無く山崎氏の独断で決まって行くシステムらしい。w

 

山崎氏>えー次はー、バツイチの人ー?

 

たくま>は、はい、はい、はい、はい!!

 

やりました。

離婚して10年。

初めてバツイチで良かったと思った瞬間です。

 

因みに私の他にもう一人、バツイチの男性が手を挙げてました。

 

おぉ、バツイチインデックス投資家!

危うく、彼と、男同士でハグしそうになったほどです。

 

休日の今日。

山崎さんの本を読みながら確定拠出年金を学ぼう。

最後にインデックス投資ナイトと言う素晴らしいイベントを運営して頂いたスタッフの皆様、登壇者の皆様、全国から参加された皆様、バツイチの彼。

ありがとうございました。

インデックス投資ナイトへ参加出来る事になりました。

f:id:takumahantingu:20160709105836j:plain

ハンチングたくまです。

本日、お台場でインデックス投資ナイトが開催されます。

幸運にもチケットを手に入れる事が出来ました。

と言う事で、花の都東京へ来ております。

田舎者なので緊張しております。

恐縮です。

 

今年はゼロ次会から参加させて頂ける事になり、普段中々お会いできないお久しぶりな方々や、初めましてな皆様とお会い出来る事を今から楽しみにしております。

 

イベントの方は、何より気になるのが。

第一部 投信ブロガー座談会 「インデックス投資を語り尽くす!」に登壇される。

某インデックス投資ブロガー (???)

 

一体、誰?!

 

そして、第二部 有識者座談会 「下がり続ける相場で僕達はどう対応すればいいだろう ~マーケット変動への対処法~」

 

インデックス投資ナイトスタッフの皆様。

今の相場を事前に察知してたかの様な、素晴らしいお題。

まさにベストタイミングなお題でこちらも非常に楽しみです。

 

会場では恥ずかしながら名刺ぶら下げてウロウロしておりますので、多くの参加者の皆様とお話出来ればと思っております。

2016年6月積立報告。

f:id:takumahantingu:20160624110438j:plain

ハンチングたくまです。

2016年6月の積立報告で御座います。

目標資産配分(アセットアロケーション)

先進国株式 45%

日本株式  10%

新興国株式 15%

日本債券  30%

としております。

 

この比率に近づくように下記の積立を実行しました。

●NISA

たわらノーロード先進国株式

たわらノーロード新興国株式

 

●企業型DC

DIAM DC 国内株式インデックスファンド

三菱UFJ DC海外株式インデックスファンド

 

今月は少ないながらもボーナスが出ましたので、それを使って新興国株式を多めに積立。

私の会社の企業型DCには新興国株式がありません。

なのでどうしても特定&NISA口座で補って行かねばならない。

 

Brexitの影響で特に為替が大きく動いてます。

ただ私の場合NISAもDCも毎月決まった日に自動積立されるので、Brexitだからと言って特別な事をする事も無く、いつもと変わらずです。

 

自動積立設定してると、初めの頃は。

「うわぁー何でこんな高い時に買うんだ」

とか。

「おぉ結構安い時に買えたな」

とか。

毎月、色々あるんですが長い目で見ると、慣らされて結局、平均的な所で収まる。

そして自動積立も長くなってくると、「高く買っちゃった、安い時に買えた」と言う気持ちの動き自体がなくなって来て、穏やかな気持ちで長期投資と付き合えるのが良いと思う。

 

気にしても仕方ないんですよ。

積立日は決まってるんだから。笑

明日はチケット争奪戦インデックス投資ナイト2016

f:id:takumahantingu:20160610173846j:plain

ハンチングたくまです。

インデックス投資ナイト2016。

明日チケット発売日で御座います。

 

去年は異国の地で大苦戦の中、辛くもチケットをゲットする事が出来ました。

↓当日の非常に情けない模様をご覧ください。

takumahantingu.hatenablog.com

去年の様なことの無いように万全を期して臨みたい。

でも。

正直チケット取れるか不安です。

 

もし当日会場にわたくしの姿が見えなかったら。

察して下さい。w

ふるさと納税第2弾はモンベルのポイントバウチャー

f:id:takumahantingu:20160605183139j:plain

ハンチングたくまです。

ふるさと納税2016第2弾を申し込みましたー。

●モンベルポイントバウチャー(長野県・小谷村)3万円

モンベルポイントバウチャー情報は吊られた男さんのブログで知りました。

今回は3万円の寄付をさせて頂きました。

還元率は50%です。

ですので15000ポイント。

モンベルストアかオンラインショップで15000円のお買い物が出来る事になります。

なかなかの高還元率となっております。

 

果たしてモンベルに私の欲しい物はあるのだろうか?

そう思い立ち本日、モンベルのアウトレットショップに下見に行って参りました。

因みに私は山登りはしません。

そんな俺に必要なものはあるのか?

 

結果はありました‼

モンベル良い‼

欲しいのは防水スニーカー。

私の趣味の一つに旅があるんですが。

皆さん、旅先で雨に遭遇し靴下までびしょ濡れになった経験ありませんか?

そんな時にありがたいのがGORE-TEX素材のスニーカー。

防水性能はかなり高く大雨でも靴の中はドライな状態を保ってくれるのです。

しかもアウトドア専門のメーカーなので作りもしっかりしてます。

7年程前に試しに買ってみたら、とても快適でもう普通のスニーカーには戻れません。

ただ1つだけ問題があるとするとお値段です。

ちょっと高価。

15000円~20000円位はします。

ですので、ふるさと納税でポイントが頂けるのは非常にありがたいです。

 

因みにモンベルのポイントバウチャー。

モンベルのアウトレットショップでも利用出来ます。

今日店員さんに確認して来ました。

 

靴以外にもリュックとか、デザインの素敵なTシャツとかあるので山登りしない方も利用価値はありそう。

 

興味のある方は一度、モンベルのお店をチラッと覗いてから検討すると良いと思います。

私も今日、モンベルのお店に行って下見してから、ふるさと納税も申し込みしました。

 

しかしながら日曜日のモンベルの店内はリア充カップルが一杯おりました。

そんな中、一人でモンベルを下見してるハンチングおじさん。

 

わたくしもそろそろ。

 

 

 

 

 

アモーレが欲しい。

私達の年金は何歳から支給される?

f:id:takumahantingu:20160530155401p:plain

ハンチングたくまです。

44歳です。

アーリーリタイアを目指してます。

アーリーリタイアを計画する上で重要な事象の1つ。

「私達の公的年金は何歳から支給されるのか?」

 

結論から言うと私は「68歳から支給される」と考え資産計画してます。

 

私達、多くの世代は年齢支給開始年齢は65歳であることはご存知だと思います。

しかし今後、急激に少子高齢化が進む日本。

年金等の社会保障費も増加の一途を辿っており年金支給開始年齢の引き上げは避けられないと考えている。

 

●海外の年金事情

f:id:takumahantingu:20160530152347p:plain

海外に目を向けてみると、ご覧の様にすでに年金支給開始年齢の引き上げが予定されている。

年金支給開始年齢の引き上げは特別な事ではなく、すでに世界の常識になってきつつある。

日本はアメリカ、イギリス、ドイツと比較して少子高齢化のスピードが速い事に加え、世界有数の長寿国である。

年金制度の維持、存続のためにも支給開始年齢の引き上げは検討されるだろう。

 

アーリーリタイアの未来予想図 - インデックス投資トラベラー

と言う事で上記記事のアーリーリタイア予想年齢は公的年金、68歳から支給される前提で計画している。

 

●さらに支給開始が遅くなったら?

最悪70歳から支給開始も想定してる。

ただ68歳支給で計画しておけば2年の延期で済む。

これならば、プチ労働、多少生活費の見直しでなんとか対応出来る。

それでもダメなら支給開始年齢前に減額した年金が支給される繰り上げ支給制度の活用も検討しよう。

 

65歳から支給開始されれば超ラッキー。

しかしながら、私達の世代は現実問題「65歳から年金貰えるぞー」で将来設計するのは危うい。

68歳位を想定しておくのが無難でしょう。

我が社に「カムバック制度」が導入される

f:id:takumahantingu:20160524130105j:plain

ハンチングたくまです。

我が社に「カムバック制度」が導入される事が決定した。

カムバック制度とは?

カムバック制度とは、結婚、出産、介護、配偶者の転勤、留学、転職など、さまざまな理由で退職した社員を、一定の期間を経て、本人の希望があれば再雇用する制度のこと。

平たく言うと、「退職しても、また同じ会社で働ける制度」。

カムバック制度導入企業

f:id:takumahantingu:20160524121300p:plain

最初「カムバック制度」と言う、聞きなれない言葉を耳にした時、よく分かりませんでした。

 何だそれ?状態。

家に帰って改めてググってみたら、既に導入してる企業も結構あるようです。

 

終身雇用を前提とした一般的な日本企業では、いちど外に出ると再び戻ることができない会社がほとんど。

近年になって退職後の再雇用制度を導入する企業が増えている。

但し、上記に挙げた会社を見て頂ければ分かると思うが、各社によって微妙に復職条件が異なる。

今、分かってる我が社のカムバック制度

先日、発表されたばかりで、細かい詳細はまだ分からないが現時点で以下の事が分かっている。

 ●対象者

全社員

 

●退職期間

退職後5年以内

 

●退職理由は問わない

結婚、出産、介護、配偶者の転勤、留学、転職など、さまざまな理由で退職した社員。

 

以上。

 

気になる復職後の雇用条件だが、その辺は詳細発表を見ないと分からない。

分からないけど、多分給料は減る。w

 

この制度を導入した会社側の立場に立ってそのメリット考えると 。

*教育コストの圧縮。

*仕事に慣れてる社員を人件費を下げて再雇用出来る。

*退職時にもめごとが起こりにくい。

ってところだろうか?

 

アーリーリタイアに使えるか?

私が気になるのは、実際ハンチングたくまちゃんにとって使える制度なのか?

と言う事。

こればかりは制度の詳細を見ないと分からない。

ただ実際問題。

*多分給料が下がる。

*退職した後、会社倒産したらこの制度使えない。

等々を考えるとこの制度を「当て」にして退職するのはリスキーだ。

 

でも将来。

アーリーリタイアと言う未知の世界へ飛び立つ時、しっかり事前準備をしたとしても心には一抹の不安がよぎるはず。

 

その時にカムバック制度があるならば。

「アーリーリタイアしたけど思ったのと違った」

と思った場合でも元の職場に戻れる。

 

不安を和らげる「心のお守り効果」位は期待出来るかもしれない。

アーリーリタイアの未来予想図

f:id:takumahantingu:20160519111013j:plain

ハンチングたくまです。

前々回の記事でアーリーリタイアを目指してる事をカミングアウトさせて頂きました。

↓参考

今回はアーリーリタイアの現在地。

そして未来予想図について書きたいと思います。

ハンチングたくまの現状

名前=ハンチングたくま

年齢=44歳

性別=男

出身地=岩手県

現住所=三重県

婚姻=バツイチの独身

仕事=サラリーマン

収入=世間の平均的な収入

 

はい。

説明するまでもなく、日本中どこにでもいる平凡なサラリーマンで御座います。

アーリーリタイアを目指してますが収入はごく普通。

こんな私がアーリーリタイアへ向けて一歩一歩、地道に歩んでゆく。

その様をこのブログで綴って行きたい。

アーリーリタイアの現在地

今、44歳。

現状アーリーリタイアへ踏み切るのは無理です。

お金が足りません。

アーリーリタイアの未来予想図

ざっくりですが、以下の様に考えてます。

その年でアーリーリタイアへ舵を切ったらどうなるか?

完全リタイア=仕事を完全に卒業し、働かないで生きてゆく。

セミリタイア=短い時間、仕事をして少しだけ収入を得ながら生きてゆく。

 

44歳=無理

45歳=無理

46歳=無理

47歳=超絶貧乏セミリタイア

48歳=超絶貧乏セミリタイア

49歳=貧乏セミリタイア

50歳=貧乏セミリタイア

51歳=セミリタイア

52歳=セミリタイア

53歳=セミリタイア

54歳以降=完全リタイア

 

長く働けばその分、資産形成出来る&寿命が近づく。

アーリーリタイアへの難易度は徐々に低下して行く。

よって上記の様になる。

 

後はどこで「降りる」か。

時間はまだある。

ゆっくり考えたい。

2016年5月積立報告。中国株がまた下落してますねー

f:id:takumahantingu:20160518135912j:plain

ハンチングたくまです。

2016年5月の積立報告で御座います。

目標資産配分(アセットアロケーション)

先進国株式 45%

日本株式  10%

新興国株式 15%

日本債券  30%

としております。

 

この比率に近づくように下記の積立を実行しました。

●先進国株式(NISA)

たわらノーロード先進国株式

 

●日本株式(企業型DC)

DIAM DC 国内株式インデックスファンド

 

●先進国株式(企業型DC)

三菱UFJ DC海外株式インデックスファンド

 

◆今月も淡々を積立を続けてます。

前記事でカミングアウトしてしまったアーリーリタイアへ向けて今月も淡々と積立をしてます。

↓前記事

中国株式がまた微妙に下落してます。

上海総合指数も2700台まで下がって来ました(記事執筆時点)

 

◆私が唯一持ってるサテライト(微々たる金額です)

・iシェアーズ FTSE 中国A50 インデックス

このETFを知ってるあなたは、相当なETF通。

聞きなれないと思うが、これ香港に上場されてる中国株ETF。

2007年に購入しずっとホールド。

当時、資産運用を始めたばかりで、右も左も分からぬ無知っぷり。

「海外ETF」と言う甘味な言葉の響きに誘われ、勢いだけで購入してしまった。

はっきり言って負の遺産。

 

先日、証券口座へログイン。

久しぶりに、この中国株ETFのリターンを確認した。

結果は。

9年間保有し続けて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-40%。\(^o^)/

 

しっかり勉強代払わせて貰いました。

 

やはり投資信託を利用して全世界へ分散投資しておく事が大事ですね。